合格実績

良い環境のおかげで成績が伸びました

北里大学(指定校推薦)  Z.Y.さん(共立女子高校)

 高3の4月から本格的に入塾し、学校の勉強(学校で使っている教材)を主にやっていました。数IIIはチョイス、数IA数IIBはプラチカ、化学はセミナーと重要問題集、生物はNew Grobalと良問などでした。英語はプロメディカスと学校で違うことをやっていました。
毎日夜10時まで自習室に残って化学と数学をずっとやっていました。重要問題集は高3から始めて8月までに3週半は終わっていたと思います。チョイスもプラチカもおそらく2週半は終わっていました。
夏休み前(前期まで)はほぼ学校の試験勉強もかねての勉強でしたが、校内選考が通ってからは面接・小論の練習に時間を取られ、机に向かう勉強時間が削がれていました。
ただ、ペースが落ちたというだけで一般への勉強は続けていました。また、10月末には定期試験があったのでそれも勉強しました。指定校推薦の学科試験のためにいったんチョイスをやめ、セミナーに切り替えて教科書を全て読みました。

これから医学部を目指す受験生へ

夏休み後に英数の成績が飛躍的に上がり、苦手だった化学も何とか一般で戦えるレベルまでもっていくことができました。
皆さんは決してプロメディカスの自習室と先生方の対応などの周りの環境が当たり前だと思わず、日々感謝して勉強してほしいと思います。
私は今回の受験で、勉強ができるようになったよりも、学習することの大変さ、大切さを学びました。受験は今しかできないので、やるべき事に集中して合格を勝ち取りましょう。

[合格者の声2019年に戻る]
ページTOPへ↑
Page Top ↑