合格実績

医学部 合格者の声 2013年

プロメディカスの的確なアドバイスと指導で合格

東京女子医科大学医学部   O.R(浦和明の星女子学園 現役生)

 私は、東京女子医大の推薦対策のためにプロメディカスに通わせていただきました。試験の中に、「適正試験」という内容のものがあったのですが、どんなことをするのか、難しいのか簡単なのか、ということが全く分か… [続きを読む]

早めからの対策で群馬大学医学部推薦合格

群馬大学医学部医学科   加藤真由(浦和第一女子高校 現役生)

 私は模試の成績もあまり良くなかったので、正直現役で国公立大学の医学部に合格することができるなんて思ってもいませんでした。 群馬大学の英語の小論文は最初は全然読めなかったのですが、直前に受けた個別授業… [続きを読む]

ゼロから掴んだ医学部合格

昭和大学・東邦大学・自治医科大学   小島 綜一郎(栃木高校 高卒生)

高校三年生の夏から、私はプロメディカスに通うようになりました。当時は「医学部に進学したい。」と口で言っているだけで、実力が全く伴っていませんでした。限りなくゼロからのスタートだったので、半年間では間に… [続きを読む]

すぐに質問できる少人数制授業

杏林大学・埼玉医科大学   矢那瀬 拓哉(城北埼玉高校 高卒生)

私は今年一年、浪人生としてプロメディカスにお世話になりました。浪人するにあたり厳しい環境に身を置きたいと思っていた私にとって最適な予備校でした。自習室は年中無休で開いており、休まず毎日勉強でき非常に充… [続きを読む]

学校別の面接対策ができた

聖マリアンナ医科大学、順天堂大学、埼玉医科大学、帝京大学   岡田知樹 (大宮開成高校 現役生) 

 2011年4月末歩いていた道でふと上を見るとビルの窓ガラスに医学部専門予備校プロメディカス大宮校7月開校の文字が目に入りました。それまで通っていた所は医学部受験にあまり精通していなかったので、これだ… [続きを読む]

医学部受験への専門的アドバイスで現役合格

北里大学   高橋理佐子(玉川学園 現役生)

 私はプロメディカスには高校3年生の4月からお世話になりました。受験勉強を始めたのも遅く偏差値もとても低かったのですが、学校の成績は1年生の頃から上位をとり続けてきていたので、今年は指定校推薦にかけよ… [続きを読む]

努力が自信に、自信が合格に繋がる

聖マリアンナ医科大学・杏林大学   岡本 陽(湘南学園 高卒生)

私は入塾当初、英語と数学が苦手でした。そこで、通常授業の他にマンツーマン指導をお願いし、英語は英文の読み方を徹底することから始め、数学は基本問題を中心に苦手な分野の克服に努めました。特に英語は苦手意識… [続きを読む]

勉強面・精神面etc.・・・どれを取っても充実した一年

北里大学・日本大学・東京医科大学   高梨 剣吾(成蹊高校 高卒生)

一昨年と昨年の二回の医学部受験では、ありとあらゆる大学を受験しましたが、どれ一つとして一次が通過できていなかったという状況でした。そして二浪目が決まった三月に合格実績の良さ、少人数クラスでの授業、自習… [続きを読む]

逆転合格を実現

昭和大学   斉藤 昂良(福島県立磐城高校 現役生)

私は化学が苦手であり、なかなか克服することができず、試験まで4か月を切った10月の摸試でも第一志望がE判定。合格はとても厳しい状況でした。 そんな時に母が紹介してくれたのがプロメディカスでした。 1対… [続きを読む]

安定した実力をつける

帝京大学   飯島 健斗(逗子開成 現役生)

私は、出題範囲によって偏差値が大きく変動していました。得意のつもりの数学は、70近くいくこともありましたが、50を切ることもありました。プロメディカスのマンツーマン指導は、とてもわかりやすく苦手なとこ… [続きを読む]

ページTOPへ↑
Page Top ↑