合格実績

競争意識を持って

帝京大学、愛知医科大学、杏林大学  井橋優介(森村学園高等部)

プロメディカスで浪人生活を送っている時に良かったと思ったことは、集団授業があり、先生・生徒共に志しが高いところです。実際に自分が勉強するモチベーションとして、いかにしてクラスの人達よりも高い点数を取れるのか、という事を常に考えてきたので、あまり受験勉強が苦にならず、メリハリをつけて勉強する姿勢が身につきました。
横浜校では周りに短時間でリフレッシュ出来るスポットが幾つかあるので、時には楽しみながら浪人生活を送ることが出来ました。

これから医学部を目指す受験生へ

入試では与えられた試験でどれだけ点数を稼げるかで合否が決まるため、RTでも模擬試験でも点数にこだわって勉強をするべきだと思います。医学部入試は他学部と違って倍率が高いため、シビアな世界だと思われますが、点数さえ取れれば受かります。受験期間中は精神的にも身体的にも疲れると思いますが、意外と中堅が落ちて上位校が受かるということもあります。最後まで諦めずに頑張って下さい。

[合格者の声2018年に戻る]

電話、メール、オンライン相談受付中

フリーダイヤル  0120-144-873
東京駅前校 直通 03-3527-9995
横浜駅前校 直通 045-594-9978
大宮駅前校 直通 048-778-9133

※ 必ずお名前、学年、ご住所をお伝えください。
※ また、番号非通知でのご相談は承れません。
※ 相談時間は10時から19時までの間でお願いいたします。


ページTOPへ↑
Page Top ↑