合格実績

「仲間」の存在がいかに大きいかが分かった1年

金沢医科大学医学部(公募制推薦)  S.M.さん(山形東高校)

 私は高校3年生の11月からプロメディカスに通っておりました。先生方はどんな状況でも生徒一人一人に熱心に教えてくださった他、常に医学部合格を意識した授業をしてくださいました。そのお陰もあり、浪人生活1年で医学部合格という切符を手にすることが出来ました。
 振り返ってみると、「仲間」の存在がいかに大きいかが分かった1年でもありました。先輩方や同級生、クラスメイトはライバルであると同時に、同じ目標を持った仲間であり、辛い時や疲れた時に支え合う関係でした。この支えがあったおかげで、やる気を高め合いながら勉強に打ち込むことが出来ました。仲間に支えられ、先生方に励まされ、強いメンタルを鍛えていただきました。
1年間本当にあっという間でした。ありがとうございました。

これから医学部を目指す受験生へ
 
 最後まであきらめないことが大切です。
 私は推薦入試で「まさか」のことをやってしまいました。テストを白紙で出してしまったのです。絶対に落ちたと思いました。しかし、その後には小論文や面接が控えていたため、落ち込んでばかりはいられず、気持ちを切り換えて精一杯取り組みました。
 受験当日でさえこのようなことがあり得るので、日々の勉強でやる気がでなかったり、先が見えなくなってしまったときも、少し息抜きをしたらすぐに切り換えて勉強に取り組むことが大切です。
 あとは、メリハリです。勉強する気が起きなかったり、落ち込んだりしたときは、まずは友達や先生方に相談することが大切です。話してみるだけで全然違ってきます。この「メリハリ」を意識して受験勉強に取り組んで欲しいです。

[合格者の声2017年に戻る]
ページTOPへ↑
Page Top ↑