合格実績

広島から横浜で受験生活 順天堂大学・昭和大学・日本大学合格

順天堂大学・昭和大学・日本大学  大田啓貴さん(修道高校)

 順天堂大学医学部は、一度はあきらめかけた第一志望の大学でした。しかしあきらめずにPM横浜で受験勉強を続け、願い叶って合格できたので、いまはとてもすっきりした気持ちで合格を喜んでいます。順天堂大学に進学したら、医学の勉強に興味を持ち続けて励むとともに、クラスやサークルで豊かな人間関係を育みたいと思います。
 PM横浜を選んだ理由は、一言で言えば「縁」でした。昨年、昭和大?期対策講座を受講したのがPM横浜との縁の始まりでした。そのときの授業の緊張感、斬新でわかりやすい切り口からの解説、授業以外でも行われる手厚いサポートが、私には新鮮な驚きと喜びでした。昭和の?期で涙を呑んで2浪目が決まったとき、迷わずPM横浜で1年間勉強することを選びました。その縁を自分の努力と先生方の指導で実力に少しずつ変えて、今日の合格が成ったのだと思います。PM横浜に行くことで、大学に「受かりたい」という受け身な気持ちから、大学に「受かるんだ」という積極的な気持ちになることができたのが大きかったと思います。
 PM横浜の授業で感じたことは、常に授業の中で質問されることで自分がちゃんと理解できているかが確かめながら先に進めることです。また、演習量がとても多く設定されていたことは、順天堂の時間対策としていい効果が出たと思います。
 マンツーマンでは、間近で先生に見てもらうことで、答案の書き方をチェックしてもらったり、わからないところをすぐに聞いたりして、甘えのない環境で勉強に専念できました。
 2年間の浪人生活を振り返って思うのは、たかが一年、されど一年ということです(2浪だから二年、か?)。長いようで短かった浪人生活の中でも、いろいろな経験ができました。
 担任の上田先生には、受け身になるのではなく、攻めの姿勢で受験に臨むことを教わりました。他の先生方にもポジティブなものの考え方、細かさ、幅広さ、浦上先生には深さを分け与えていただきました。
 これからPMで学ぼうとする人に言いたいことは、「覚えようとするのではなく、知ろうとすること」。ただ単に記憶しようとするのではなく、なぜそうなっているのか考え、知ることで、関心も知的欲求も湧いてくるし、少し厄介な問題が出たときも自分の頭で考えられるようになります。私はいつもこのことを後輩に言ってきていますが、PM横浜の授業はどの授業もそういうスタンスで行われていて、実際の順天堂大学の試験でもその結果が出たと思っています。
 みなさん自分の第一志望をあきらめないで、絶対に合格を手に入れてください。

[合格者の声2009年に戻る]
ページTOPへ↑
Page Top ↑