合格実績

個別授業の組み合わせで弱点克服

日本医科大学、杏林大学、東京女子医大学、埼玉医科大学、愛知医科大学、藤田保健衛生大学、獨協医科大学  A.Mさん(M高等学校)

 私は圧倒的な合格率、少人数制授業、自習室等の学習環境が整っている点に魅力を感じ、プロメディカスで浪人生活を送ることに決めました。
 通常授業では、特に復習を大切にしました。テキストの問題で自分が間違ったところをその日のうちに二回、一週間後に一回の計三回解き直すようにしていました。また、私は物理と数学が苦手だったので、個別授業を受講しました。特に物理に関しては、実験装置の仕組みや、起こる現象、なぜそう考えるのかといった理由を、私が納得するまで先生が根気強く教えて下さり、おかげさまでセンター試験では物理で100点をとることができ、センター利用での合格につながりました。浪人生活中は精神的に辛いと感じることが何度かありました。そのようなとき、週に一度の面談で職員の方が親身になって相談に乗って下さり、解決に向けて全力でサポートして下さり目標を見失わずに勉学に励むことができました。

これから医学部を目指す受験生へ

 医学部受験は決して楽なものではなく、成績が振るわないとき、どの参考書や問題集を使えば良いのかと悩むことがあると思います。私が受験を終えて感じたことは、プロメディカスのテキストには余分な問題がなく、よく入試に出る問題がつまっているということです。迷ったときはテキストを何度も解いてみてください。プロメディカスは学習面、精神面、環境面で医師になるためのスタートラインに立つことを全力でサポートしてくれます。

[合格者の声2017年に戻る]
ページTOPへ↑
Page Top ↑