合格実績

医学部合格レベルまで押し上げてくれたPMの先生方

白崎 拡紀(県立船橋高校)

日本大学・東海大学・帝京大学・岩手医科大学・東京医科大学・東邦大学・獨協医科大学  白崎 拡紀(県立船橋高校)

 私の現役時代はひどいものでした。どれほどの惨状だったかを説明するとキリがありませんが、当然学校で受けた模試はすべて下から上までE判定。数学に至ってはセンターレベルでつまずき、英語もセンター模試で7割以上とったことがないほどでした。当然受験したところはすべて1次で不合格でした。そんな自分を医学部合格レベルまで押し上げてくれたのはPMの厳しくも、ぐいぐいと引っ張って下さった先生方のお力添えがあったからであると私は確信しています。
 数学が入学当初、特にひどかったので、配られた問題集を基礎〜応用レベルまで、授業の復習と平衡してやってきました。つまずいた問題を先生に質問し、何度も何度も解き直すことで基礎力充実を図りました。授業のレベルも高く、最初はついていくのがやっとでしたが、それでも先生方はそんな自分を見捨てずに励ましながら引っ張って下さり、最後までやり通すことが出来ました。先生方とは生徒の距離が近かったことが大きな利点でした。
 また、週1回定期的に行われるRT(レギュラーテスト)が非常に役立ちました。知識をインプットし、それをいかにアウトプットするかを確認し、本番の試験や模試などに必要な得点力を身につけることができました。RTでライバルと得点を競っていたのも印象的です。
 最後になりますが、受験は孤独な戦いだ、などと言って一人でふさがりこんでしまい、精神的なストレスがひどくなった時期もありました。しかし、周りの先生方やライバルたちの励まし等で、ここまでこられました。PMの職員の先生やライバル達にはとても感謝しています。ありがとうございました。次は自分が良き医者となってみなさんに恩を返す番ですね!!

[合格者の声2015年に戻る]

電話、メール、オンライン相談受付中

フリーダイヤル  0120-144-873

※ 必ずお名前、学年、ご住所をお伝えください。
※ また、番号非通知でのご相談は承れません。
※ 相談時間は10時から19時までの間でお願いいたします。


ページTOPへ↑
Page Top ↑